院長先生のちょっといい話

2014年4月 5日 土曜日

根尖病変!!


皆さん、こんにちは。

奈良県北葛城郡上牧町かつらぎ歯科医院 

歯医者のめがねザルです。

毎日が勉強!!只今熟読している本があります。HYORONから出ている「根尖病変」です。
歯内療法の目的は、根尖性歯周炎の予防と治療、疼痛管理にあります。

当然、毎日根尖病変(歯根の先の膿み)と向き合います。しかし、それがどのようなことで成立して、免疫機構がどのように動いて、そして治療の介入はどのようにすれば良いのか、臨床家は細菌学者じゃないということで深く考えていませんでしたが、現在無性にその部分をクリアにしていという気持ちに駆られています。

結構、病理組織学的な所しか分からなく、臨床にどう結びつけるのか根拠のある治療介入はどうすればよいのか、興味深く読んでいます。

そういえば、めがねザルも3年前に歯茎が腫れぼったくなって根の治療を行ないました。経過は順調です。
根の治療でお悩みであれば、どうぞお気軽にご質問くださいね!!


奈良県 広陵町、王寺町、河合町、三郷町、田原本町、香芝市、大和高田市、大和郡山市、五位堂からもたくさん患者さんにお越し頂いております。理想の歯科医院を目指して顔晴りますよ!!

めがねザル先生のちょっといい話
チームブリエ~輝く笑顔~
歯科衛生士★情報発信
QRコード