院長先生のちょっといい話

2017年2月28日 火曜日

クオリティ・カンパニー!!


最近、青木仁志さんシリー第7弾「クオリティ・カンパニー」を読んだ。
青木さんの本は自分の思考を過去の体験、世界の先人経営者たちの教訓を紐解き、考え方を論理的に会社の中に置き換えたものになっているので本当に実践的である。

理念経営とは理と利の統合、理念の理・利益の利の統合を目指す一貫性のある活動であること。
企業は人材育成の過程で業績を伸ばしていく。

企業の根幹は、経営者の考え方である。
経営者の3つの資質と5つの能力が求められる、
資質①判断力②リーダーシップ③実行力
能力①採用・育成力②財務管理能力③営業・マーケティング力④戦略構築力⑤商品開発力である。

まず経営者の使命と責任を明確にする。
リーダーシップ・・・ビジョン・ベクトル・動機付けと啓発・企業風土・原理原則・人の協力が必要である。
理念を浸透させ文化をつくる。
理念からビジョンを策定・・・社員と共有する在りたい姿。
理念による人材戦略。
幹部を育てる。

これらのことを理解しても実行するには相当のエネルギーが必要である。
マネジメントをしながらイノベーション(変革)を持続していく力が必要です!!

ディシジョンメイキング、変えられるものに焦点を絞ろう・・・。


かつらぎ歯科医院では、歯科医師を募集しています。一般歯科・小児歯科(臨床研修後3年未満)、インプラント・矯正・根管治療・歯科医院経営(臨床研修後3年以上)を真剣に学びたい方のご連絡をお待ちしています。当院は医療を通じて患者様に提供するQualityとHospitalityを追求することを目的としています。



記事URL

2017年2月27日 月曜日

世界遺産姫路城マラソン!!


先週の土曜日pm4:00に診療を切り上げ、密かにある場所に向かっていました。
兵庫の姫路市です。昨年6年連続落選中の東京マラソンの代わりに当選した姫路城マラソン、世界遺産認定を記念した大会しかも城好きな私としては大改修した姫路城を間近に見て走りたかったのです。

思考の整理をしていると自分の楽しみが後回しになっていたので、体のバランスを取る意味でも強行軍で参加しました。ただこの1ヶ月長距離の走り込みを一回もできずにぶっつけ本番となりました。

何のために走るのか、私の7つのValue(価値観)のために走ります!!
「情熱、挑戦、達成、協調、責任、規律、楽しみ」です。
何事も熱意を持って最後まで諦めない気持ちを自分に持ちたいのです。

結果は、練習不足のため29kmで右足太ももが攣ってしまい、ペースを落としたのですが治らず、歩きが入ってしまいまたまた5時間台に終わってしまいましたが、姫路の熱い沿道の声援、太鼓の演舞、だんじり、子供達に借りたスプレー、ボランティアの皆様の優しさ(着替えで椅子を借りました)とって温かい気持ちになりました。有り難うございました。

また走りたいですね!!



かつらぎ歯科医院では、歯科医師を募集しています。一般歯科・小児歯科(臨床研修後3年未満)、インプラント・矯正・根管治療・歯科医院経営(臨床研修後3年以上)を真剣に学びたい方のご連絡をお待ちしています。当院は医療を通じて患者様に提供するQualityとHospitalityを追求することを目的としています。

記事URL

2017年2月24日 金曜日

プライオリティマネジメントスキル!!

pic20170224165715_0.jpg

昨日は休診日ですが朝9:00から雑用のため目まぐるしく行動しました。それも分単位・・・。
時間が間に合わないので、途中走ったり、マラソンの練習にもなりますね!!ラストは和食割烹のMさんで仕事の打ち合わせ。
でも充実した一日でした。禁酒も3週間、糖質制限も心がけ少しずつ体も調子良くなってまいりました。いい感じですよ。

2月は「思考は現実化する」をテーマに、自分なりに思っていることを実現するためには、どのように道筋をつけていくのかをじっくり考える月にしました。そうすると何ということか次から次へとやりたいことが出てきます。最近記憶力が悪くなっていますので手帳に思いついたことから書き出して見ると、2月の予定表が文字で埋め尽くされました。
これではどこに何を書いたか分からなくなりますので急遽「問題解決ファイル」を作りました。思考の整理のために子供の使わない単語帳を貰い受け必要なものだけ書き出し、
優先順位のため緊急度と重要度に分けました。緊急度・重要度ともに高いものから問題解決のためのスキームを作りファイル化しました。これもいい感じです。

人財育成のスキルの第一は、
プライオリティマネジメントスキル(優先順位)です。このスキルを身につけるためには重要度を縦軸、緊急度を横軸としたマトリックスを描いて、優先順位を明らかにすることです。
第1象限は重要度・緊急度が高い領域。
第2象限は重要度は高く、緊急度は低い領域。
第3象限は重要度は低い・緊急度は高い領域。
第4象限は重要度・緊急度が低い領域。
この順番で実行していくのですが。ポイントは第2象限の領域、この領域は能力開発、人脈作りなどの成功の習慣形成の領域になります。
この領域のプライオリティマネジメントスキルを磨くことが必要です。


かつらぎ歯科医院では、歯科医師を募集しています。一般歯科・小児歯科(臨床研修後3年未満)、インプラント・矯正・根管治療・歯科医院経営(臨床研修後3年以上)を真剣に学びたい方のご連絡をお待ちしています。当院は医療を通じて患者様に提供するQualityとHospitalityを追求することを目的としています。

記事URL

2017年2月22日 水曜日

組織のマインド・ナレッジ・スキル!!


先日の起業家のための社長学という本の中に、人財育成戦略がありました。
その中で人材には5つのランクがあるそうです。

組織の宝「人財」
一般的な「人材」
居るだけで毒にも薬にもならない「人在」
組織に泥を塗るような「人罪」
リストラ対象となる「人剤」となります。

私はこれを見て、なるほどなと感心しました。
人財になるためには。
①マインド(観点)
②ナレッジ(知識)
③スキル(技術)
この3つのファクターを確実に身につけていく教育が必要になり、マインドは個々の社員の明確な目標、ナレッジは職業に求められる知識もちろん心理学に関する知識も必要、スキルはOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)であるがこれが一番鍛えなければならない。人財になるためには7つのスキルを身につけなければならない。
①プライオリティマネジメントスキル(優先順位)・・・目標に向かって最優先テーマ実行するスキル、緊急度・重要度で判断。
②コミュニケーションスキル(意思の疎通)・・・相手を理解し、自分の考えを相手に正確に伝えることができるスキル。
③ヒューマリレーションスキル(人間関係)・・・どんな人とも仲良くやっていける能力、お客様、取引先、パワーパートナーとの関係で重要なスキル。
④タイムマネジメントスキル(時間管理)・・・時間を有効に活用でき、目的目標に向かって効果的に行動を選択することができるスキル。
⑤ネゴシエーションスキル(交渉力)・・・交渉力を駆使して、他の人と関わり自分の目的目標達成繋げるスキル。
⑥ディシジョンメイキングスキル(意思決定)・・・変えられるもの、変えられないものをに焦点を合わせ。願望に対して効果的な意思決定ができるスキル。
⑦マネジメントスキル(管理能力)・・・他の人々の協力を得て、組織的に目標を達成するスキル。

7つのスキルは、私の医院でも普段から大切にしているものなのですが、ここまで文書化された本に巡り合ったことがありませんでした。これをもっと優しく分かりやすく事例に沿ってスタッフ理解してもらうしかないですね!!

仲間とともに、一つ一つ実現していく、組織風土、ポジティブシンキングの組織効果を大事にしていくことが大事なんです。

人財教育は経費でなく、投資である・・・。



かつらぎ歯科医院では、歯科医師1名のみ(臨床経験3年以上)募集しています。インプラント・矯正・根管治療・歯科医院経営を真剣に学びたい方ご連絡をお待ちしています。

記事URL

2017年2月21日 火曜日

経営理念!!

  
人生でやりたいことを書き出して逆算して考えてみると、うううう案の定時間がタイト、というより時間的に無理な感じです!!

無理と言っていては進歩がありませんので、まず実行できるところから始めます。
その中で一番重要で大切にしたいもの、それは「企業理念」です。

誰のために、
何のために、
私は起業(歯科医院開設)したのか?

14年前にかつら歯科医院を開業した当時考えた理念です。

「みなさまの輝く笑顔のために
私達は、最高の歯科医療をみなさまに提供し、世界一素敵な煌き(ブリエ)が集まる医院を造ります。私達の幸せは、みなさまの輝いた笑顔に出会うことです。
「briller」(ブリエ)というのは、フランス語で輝くという意味があり、
当医院ではその輝きをみなさまに発信できる「場」でありたいと考えております。」

今でも十分その想いが強いです!!しかしもう一度医院の価値観・哲学・信条共有のために、医療法人を発展させるために理念・経営ビジョンを考え抜きます。
後日、改善したものを発表します。



かつらぎ歯科医院では、歯科医師1名のみ(臨床経験3年以上)募集しています。インプラント・矯正・根管治療・歯科医院経営を真剣に学びたい方ご連絡をお待ちしています。

記事URL

めがねザル先生のちょっといい話
チームブリエ~輝く笑顔~
歯科衛生士★情報発信
QRコード