院長先生のちょっといい話

2017年4月 4日 火曜日

伝達力!!


奈良県北葛城郡上牧町 インプラント・矯正歯科・審美歯科 かつらぎ歯科医院の院長です。

最近、青木仁志さんシリー第10弾「伝達力」を読んだ。

社会に出て成功する人は、読み書き勉強のできる人ではなく、コミュニケーション能力に秀でた人である。
結果的に人に気持ちを伝える、気持ちを汲み取るという「心の機微」の成長に繋がる。

伝達力とは「人に何かを伝え、人を動かす力」。人間力になる。
10のポイント
1、論点を明確にする。
2、自分の意見を明確にする。
3、目先の利益を求めて話をしない。
4、話すための目標の作り方を知る。
5、日々のコミュニケーションは明るい挨拶から。
6、要点は最大で3つまで。
7、相手を勝たせる話をする。
8、相手が頷く比喩や実例を多用する。
9、場の空気を素早く捉えるコツ。
10、相手が聞く気になる下地の作り方。

伝えても伝わらない。特に仕事の場面で山ほどあります。なぜなんだろうと思いますが、上記のポイントが必要になりそうです。
伝える相手のレベルにもよるのだが、相手のためという思いで話すことが基準ですね!!


奈良県北葛城郡上牧町かつらぎ歯科医院は、医療を通じて「人を育てる」医院です。

記事URL

2017年4月 2日 日曜日

TOEFLテスト英単語3800!!


奈良県北葛城郡上牧町 インプラント・矯正歯科・審美歯科 かつらぎ歯科医院の院長です。

本日は久々の完全OFF日、ゆっくり寝て大好きな読書と今後の予定をコーヒーを飲みながら優雅に考えることを夢見ていたのですが、歳のせいかAM4:00に目が覚めてパッチリ・・・、嬉しい誤算、最近本当4時間ぐらいしか寝てないっすね。逆にじっくり自分時間が増えるので哲学再構築です。

4月から当法人でも新たな1年が始まり、新入社員も入ってきてくれたことで楽しさが増します。今年は方向性に即したプロジェクトを少しずつですが、準備をして始めていきます。
個人的なプロジェクトはすでに1つクリアーして、4月から勉強できる場をいただきました。
本業はやはり歯科医療ですので、医療のQualityを高めていきます。

それと付随して中途半端になっていたものも自分時間(私にはスキマ時間と呼ぶ)に英会話、異業種経営塾などに再度参加してまいります。
英会話はすでに再開したのですが、まだまだ中学生レベル。早速情報収集TOEIFLだと80点以上、TOEICだと750点以上がやはり基準としての目安かなと思っているのですが、周りの人たちの世界では何か映画の「ビリギャル」の世界になってきました。講師のDanも本当にこいつテスト受けるの?って表情!!TED Talks 聞いたほうがいいよとのアドバイス。

通勤中は単語のexercise、「TOEIFLテスト英単語3800」をCDで復習、早速ランク2から早速聞き取れないし、意味がわからない・・・ううう。何事も諦めないで継続です。


奈良県北葛城郡上牧町かつらぎ歯科医院は、医療を通じて「人を育てる」医院です。

記事URL

2017年4月 1日 土曜日

人事哲学(2.人の育て方・生かし方)!!


奈良県北葛城郡上牧町 インプラント・矯正歯科・審美歯科 かつらぎ歯科医院の院長です。

松下さんの本を読んでいると幸之助さんは、50歳まで哲学という学問があるということを知らなかったそうです。
社員に伝えること、考えに考え抜いたことを「自問自答」し、晩年はそれが昇華いて「自己観照」という言葉を用いたそうです。

PHP理念て何だったの?その答えは、現場で実体験して感じたことを自問自答しながら、それを行動に起こした結果、行き着いた考え方なのです!!

人材育成
・人間無限の可能性を秘めている。
・大胆に構えて人を使う。
・人間の心の動きをつかむ。
・適切な目標を与える。
・経営者は要望者でなければならない。
・仕事を与え、実験させて人を育てる。
・現場で仕事をさせることが一番の教育である。
・信頼して任せる。
・任して任せず。
・寛厳よろしきを得る。
・公平で適正な賞罰が必要である。
・苦労ななくして人は使えない。
・長所を見て使う。
・部下を自分より偉いと思う。
・私情にかられず、公明正大に。

人材育成のコツ、当たり前のことですが、できていないのが事実!!

「雨が降れば傘をさす」
商売、経営、発展の秘訣があるとすれば、
その平凡なことをごく当たり前にやる
ということに尽きるのではないかー 松下幸之助

うううう・・・これが天地自然の法則、ますます考えねば。


奈良県北葛城郡上牧町かつらぎ歯科医院は、医療を通じて「人を育てる」医院です。

記事URL

2017年3月31日 金曜日

松下幸之助歴史記念館!!


奈良県北葛城郡上牧町 かつらぎ歯科医院の院長です。

昨日は休診日でしたが、朝はやくからある場所に向かっていました。
それは「松下幸之助歴史記念館」。パナソニック創立50周年を記念して門真工場(昔の松下電器 本店)建てられたものだ。

目的は経営者としての時代基づいた松下さんの見方・考え方の軌跡に触れたかったからだ。

志〜夢果てし無くまで4つのブースに分かれた空間で、松下さんのものの考え方が詳しく見ることができました。
行き当たりバッタリかと思いきや経営を考え考え抜かれた文書が時代に即して、多数ありました!!従業員への時代に流されない訓戒は見ものです。

いやー私にとって自分が欲しないと決して来ない場所ですね。今の私にはとても元気が出る場所です。朝からお庭が行き届いており、受付AM9:00にも関わらず8:40には入れました。
ゆっくり経営哲学・歴史に触れることができましたよ。ナショナルは国民のという意味からきていたんですね。

時代に流されない本質を見抜く経営者としてはずば抜けた存在でしたね!!
ソニーや東芝が下降し、一時は日本型経営が批判されながらも、グローバル化した現在に日本型経営が力強く生き残っているのはなぜか?
稲盛経営も勉強しながら、学んでいきたいと思います。

歯科医院経営でも志は一緒です!!


奈良県北葛城郡上牧町かつらぎ歯科医院は、医療を通じて「輝きをつくる」医院です。

記事URL

2017年3月28日 火曜日

歯科もデジタルフローの時代!!


奈良県北葛城郡上牧町 かつらぎ歯科医院の院長です。
先日の日曜日は、新大阪駅始発の新幹線で東京へ行ってまいりました。そういえば最近、毎週週末は東京で勉強会? 気のせい・・・?
今回は、日本口腔インプラント学会専門医臨床技術向上講習会に参加するためです。

専門医になっても患者様のために、理論に基づいたさらなる技術習得が必要なのです。
一日講演式なので、途中眠たくなるかと思いきや講師の先生方の熱意や現場の考え方を聞けてとても充実な一日でした。
今回のテーマは「インプラント治療のベネフィットとリスク」、特に以前にインプラント治療をされたご高齢者のメンテナンス方法をメインに勉強させていただいた。予後の結果も最近ではパイが多いもので出てきていますので、新たな基準が必要となってきます。

さらには、昭和大学歯学部 理工学部の宮崎教授の「デジタルフロー」のお話は歯科の未来が劇的に変わる予感がしました!!
CTから3Dプリンター模型、模型からインプラントを入れる部分のスプリント、そしてかぶせのコンピューター化を一連の流れで行うものだ。
しかしながら、まだ誤差が大きいために各メーカー、大学研究で試行錯誤しているのが現状。
私たちがインプラント学んだ感覚の時代から、結果が出始め精度求める時代にパラダイムシフトしてきている。

根の治療もそうだ20年前に比べると、マイクロスコープ、ニッケルチタンファイル、CTでパラダイムシフトし現在では当たり前の治療になっている。

私は現役で歯科医師をしている限り、正しい情報、技術を常にアップデートしなければならない・・・。



奈良県北葛城郡上牧町かつらぎ歯科医院は、医療を通じて「輝きをつくる」医院です。

記事URL

めがねザル先生のちょっといい話
チームブリエ~輝く笑顔~
歯科衛生士★情報発信
QRコード