入れ歯・義歯

入れ歯・義歯のご案内

義歯・入れ歯のイメージ
 

【あなたのお口はどのような状態でしょうか?】

これまで多くの患者様が、当院にお越しになり、お話の中で次のようなことを言われています。


  ● 「噛むと痛いので歯医者さんに行くと、健康的な歯まで抜かれて、
    入れ歯になったんで
す。」

  ●「入れ歯にしたとたん、全然噛めないし、
    他の歯まで悪くなったんです。」

  ● 「見た目が悪いので、人前で話すこともできないし、笑うことも
    できません。何とか見た目も良くなりませんか。」

  ● 「何個も入れ歯を作ったのに、どれも合わなくて、噛めないんです。」


・・・では、どうすれば最善の入れ歯が出来上がるのでしょうか?

まず最初に、「ご自身のお口の状態」や「入れ歯の制作とはどのようなものか」を「知る」ということから始めましょう。

 かつらぎ歯科医院では、患者様にとっての『最良の入れ歯』をお作りしたいと考え、安易に製作をお受けするのではなく、
じっくりお話をお聞きし、ご希望はもちろん、お悩みの根本的な解決にも取り組んでおります。
 まずは、当医院院長が直接お話をお聞きする無料相談会をご利用ください。

無料カウンセリング実施 月に一度、無料相談会を開催しています。

義歯入れ歯料金一覧はこちら
 
当医院の入れ歯
義歯・入れ歯のイメージ

【入れ歯は、ただ歯茎の上にのっているものではありません】

お口の中の様々な筋肉、歯茎の柔らかい部分・堅い部分、噛み合わせの運動に入れ歯がフィットしていなければなりませんので、入れ歯製作は慎重に行わなければなりません。熱伝導が良く、人気の高い一般的な金属床も、高度な製作技術を要するものです。その他に、様々な治療方法や素材もございます。
当医院では、グローバルデンチャーシステムを使用し、みなさまのご希望に合った器具をご提案いたします。

症例・体験談


入れ歯・義歯・症例・体験談バナー
 

超精密入れ歯のご紹介

無料カウンセリング実施 月に一度、無料相談会を開催しています。
義歯・入れ歯のイメージ

 超精密入れ歯は、大量生産するようなものではなく、患者様お一人お一人の状態にあった調和のとれる入れ歯を、専門の歯科技工士と共に、精巧に心を込めてつくりあげるものです。
 超精密入れ歯は、入れ歯をつくり上げる成型器は特殊なもので、非常に細かく手間がかかりますが、見た目や使用感は、今までの物とは違い、非常に良い状態に仕上がります。

 

 

装置の種類と料金・装置の保証期間について

治療の流れ・定期健診(アフターフォロー)

STEP1 ご予約
【無料相談会をご活用ください】
長くお悩みの方や、ご質問のある方は、無料相談会へのご予約をお勧めしております。 お悩み・ご相談を当医院打院長が直接じっくりお聞きして、最良の治療方法等をご説明できる時間を設けております。


*お痛みや不具合など、お急ぎの方は直接お電話でお問い合わせください。(フリーダイヤル0120-154-418)

STEP2 無料相談会
【所要時間:1時間】
今までの経過や、お悩み・ご質問をじっくりお聞きし、どのような装置や治療方法があるのかなど、ご説明いたします。
お気軽にご相談ください。

STEP3 検査・診断
【所要時間:約45分】
今の状態を精密に検査し、検査結果とその結果からの導き出された最良の方法をご説明いたします。

STEP4 お口の立体的な型取り
【所要時間:約45分】
特殊な材料と方法でお口の型取りを行います。

STEP5 咬みあわせの位置決め
【所要時間:約45分】
この段階が最も重要です。特殊な方法で位置決めを行います。

STEP6 治療義歯の装着
【所要時間:約45分】
難しい症例の場合、治療用義歯(仮の装置)の装着が必要です。これまで合わない入れ歯を使っていると、体の機能が変化していたり、咬み合わせの位置がずれていたりします。1~3か月以内に最も噛める位置決めや安定する場所を決定します。

STEP7 入れ歯の完成
【所要時間:1時間】
お口の機能が最も安定した時点で、完成した入れ歯を装着していただきます。

STEP8 最終調整
【所要時間:30分】
お口に慣れているか、機能的かを最終チェックさせていただきます。

STEP8 定期健診・アフターフォロー
★どのような入れ歯でも1~3か月間隔で、定期的にチェックさせていただきます。
歯茎のやせや、装置の不具合なども定期健診で発見することで、ストレスのないケアを行います。

歯茎の状態 ・ 噛み合わせの状態 ・ 入れ歯の破損状態 ・ 入れ歯のお手入れ ・ 発音等を診させていただきます。


メリット・デメリット

~インプラントと比較する~
メリット デメリット
【費用が安価である】 【慣れるまでに少し時間がかかる】
インプラントは、1本平均40万円費用がかかります。歯が全くない無歯顎の場合、インプラントですと最低8本は必要ですから、約300万円以上かかります。入れ歯ですと自由診療の場合でも、
インプラント1本分ぐらいの値段でできます。
入れ歯は、人工的なものですのでお口の機能に順応するまで少し時間がかかり、会話や発音も慣れるまで時間がかかる場合があります。
【手術を必要としない】 【審美性が悪い場合がある】
特殊なケースを除いて、インプラントのような外科的な手術は
必要ありません。高齢になればなるほど気になるのが、全身
疾患との関係です。入れ歯の場合は、極力無理なく安全に
製作することができます。
保険の部分入れ歯ですと、自分の歯に入れ歯の金具(バネ)をひっかけないといけませんので、前歯にそれがあると、見た目が悪くなります。
【治療期間が短い】 【歯に負担がかかる場合がある】
インプラントの場合、最低でもかぶせが入るまで3か月~1年
6ヵ月かかります。ほとんどの入れ歯は、1か月以内で制作す
ることが可能です。(しかし、超精密精密入れ歯で治療用義歯が必要の場合のみ、余分に2ヶ月治療期間がかかる場合があります。)
部分入れ歯の場合、金具(バネ)を自分の歯にひっかけますので、その歯に力の負担がかかってしまいます。
【清掃がしやすく、調整が楽にできる】 【噛む力が弱くなる】
インプラントやブリッジと違い、入れ歯は取り外しが可能ですので清掃や調整、修理もしやすくなります。 自分の健康的な歯の噛む力にくらべると、入れ歯は通常1/10以下の力になります。超精密入れ歯のみ、その力を増すことはできますが、天然歯に比べるとやはり弱いです。
【歯の削除量が少ない】 【コンプレックスになります】
部分入れ歯の場合のみ、必要に応じて少し歯を削除するケースがありますが、ほとんどの場合ブリッジと違い、歯を削除することはありません。 やはり入れ歯は高齢者とのイメージが強く、若いうちから入れ歯という状態になると内面的にコンプレックスを持つこともあります。

ご案内パック プレゼント

ご案内パック
こんな方におすすめですのイメージ
今お使いの入れ歯に痛みやがたつきを感じる方、発音がはっきりせずお困りの方へ、入れ歯は、様々な種類があることをご存知ですか?一般的な金属素材のものから、超精密入れ歯まで、ご希望にあわせた素材が見つかります。見た目も若々しく、快適で、楽しい食事をなさいませんか?このご案内パックは、義歯・入れ歯についてわかりやすくご紹介しております。是非、ご一読ください。

義歯・入れ歯の資料請求やご質問・ご相談は、こちらのお問い合わせフォームからお申し込み下さい。

 

よくある質問Q&A

インプラント・ブリッジは、入れ歯と比べて何が良いのですか?

一長一短があります。
まず噛む力と違和感だけで比べると、最も良いのがインプラントです。しかし、インプラントは全て自費適用となりますので、本数が多いと高価なものとなります。次にブリッジですが、両隣の健康的な歯を削ることや、装着後お掃除が難しくなります。最後に入れ歯となります。

就寝時は、入れ歯は外した方が良いのですか?

外した方が良いです。
1日中入れ歯を装着していると、歯茎に負担をかなり与えています。また装着中は、入れ歯にも汚れがつきますので、寝る際は外して洗浄液の中に入れて細菌を除去して、綺麗な状態にした方が良いです。部分入れ歯で小さい時、睡眠中に飲み込む恐れもあります。

入れ歯がゆるくなったように感じるのですが?

入れ歯の適合が悪くなっています。
長期間入れ歯を使用していると、自然に歯茎が痩せてきます。その場合は、内面を合わせ直したり、新しく作り直す必要がある場合があります。また噛み合わせがずれることによっても、ゆるくなる時がありますので、その際は、咬み合わせの調整が必要です。

入れ歯にすると食事が美味しくないのはなぜ?

入れ歯でお口の面積が小さくなり、舌の位置が変わるからです。
入れ歯は異物ですから、装着当初かなりの違和感を覚えます。慣れるまでには個人差もあります。できるだけ入れ歯は薄く熱の伝導が良いものをお勧めいたします。

入れ歯にしてから噛み切れないのですが?

入れ歯が粘膜負担になると、今までの自分の歯と比べると咀嚼能率がその30%の力しかないからです。
人工歯に陶歯や特殊加工したものを使うことで、能率を上げることできます。他には超精密入れ歯をお勧めいたします。

入れ歯の金具が嫌なのですが?

金具のない入れ歯があります。
保険の入れ歯では、食事中や発音のため入れ歯が動かないようにするために金具は最低限必要です。金具が嫌な方は、ノンクラスプデンチャ―・アタッチメント義歯・インプラント義歯をお勧めいたします。

入れ歯でも定期健診は必要ですか?

必ず受けてください。
歯茎は、年々痩せて変化してきます。入れ歯に使用している人工歯も磨耗などにより入れ歯がゆるく合わなくなってきます。また長時間つけることで入れ歯自体に雑菌がつき汚れも目立ってきます。
入れ歯は、体の重要な一部分を担いますから、定期的にメンテナンスを行うことで予防してください。
めがねザル先生のちょっといい話
チームブリエ~輝く笑顔~
歯科衛生士★情報発信
QRコード