ホワイトニング

ホワイトニングのご案内 

 歯のホワイトニングとは、加齢や遺伝により黄ばんでいる歯を漂白剤で脱色していく方法です。歯の表面に過酸化水素を主成分とした薬を塗り、歯の表面の着色物を無色透明に分解していきます。

 ホワイトニングは1989年にアメリカで実用化された技術で、歯の表面に付着した色素を落とすだけでなく、歯の中にある色素を分解して歯の明るさを上げて歯自体を白くしていくものです。それまでは歯を削ってセラミックを被せることでしか白くすることができなかったのが、歯の表面を削ったり傷つけたりすることなく、自分の歯を残して白くすることができるようになりました。以前はホワイトニングのことを色素を抜くことからブリーチングと呼んでいましたが、ブリーチというと強力な薬品を使って髪の毛や衣類を漂白することを連想させるので、1990年初頭にアメリカのメーカーの発案でホワイトニングという言葉が使用されるようになり、現在ではこれが定着しています。
 

 

このような方におすすめです

ご質問・お悩みはぜひお問い合わせください
 ホワイトニングの効果は個人個人によって差があり、また白さの感じ方も違います。施術のご予約の前に、必ずお一人お一人に合わせて、ご説明を行いますので、安心して施術をお受けいただけます。

 また、元々歯の色が濃い人、子供のときに飲んだ風邪薬が原因で歯の色が濃くなってしまった人はホワイトニングの効果は低くなりますし、着色性食品を好む人はホワイトニング後の再着色が早く起こります。また歯質によっても、できる方とできない方がいらっしゃいます。

 「しみるのでは?私の歯は本当に白くなるの?」というご質問から、歯質などからの長期のお悩みまで、ぜひ一度ご相談ください。お悩みに合わせて、患者様の最良の治療法を見つけられるよう、じっくりご説明しております。



症例・体験談


ホワイトニング体験談 症例のバナー
 

ホワイトニングの種類

 ホワイトニングには大きくわけて、歯科医院で行う『オフィスホワイトニング』と自宅で行う『ホームホワイトニング』があります。

オフィスホワイトニング~短期間で白くしたい方へ~


【オフィスホワイトニングの流れ】

1:カウンセリング・術前の歯の写真撮影

2:ホワイトニングの準備

歯肉を痛めないように樹脂でガードを行い、過酸化水素成分のホワイトニング専用ブリーチング剤を歯の表面に塗ります。

3:施術を行います。

 ハロゲン光を使い、ホワイトニング剤を活性化させ漂泊を行います。1回約20分程度、1回から3回繰り返します。症例にもよりますが、1回~4回の通院で歯を漂白させることができます。

ホームホワイトニング~自宅で好きな時に、白くしたい方へ~


【ホームホワイトニングの流れ】

1:カウンセリングとお口の状態の確認・診査・診断を行います。(約30分)

 治療期間、費用、メリット・デメリット等をご説明いたします。(月に一度の無料相談会や、通常診療時でもご相談のご予約を承っております。)

2:歯型をとります。(約15分)

 簡単な歯のクリーニングを行い、精密な歯型をおとりします。

3:ホワイトニング専用のカスタムトレー製作(製作期間1日)

 歯型から精密な石膏模型を製作し、ホワイトニング専用のカスタムトレーをお作りします

4:使用方法の説明・術前の歯の写真撮影・歯のクリーニング(約30分)

 過酸化尿素(濃度11%・16%・20%)のホワイトニング専用ブリーチング剤の使用方法の説明・術前の歯の写真撮影・歯のクリーニングを行います。

5:ご自宅でホワイトニング剤が入ったカスタムトレーを、1日2時間~4時間、約2週間おつけいただきます。

デュアルホワイトニング~歯科医院とご自宅の両方でさらに効果を高めたい方へ~
デュアルホワイトニング~歯科医院とご自宅ダブルでさらに効果を高めたい方へ~のイメージ


 歯科医院で行うオフィスホワイトニングで短期間に白く、ご自宅で行うホームホワイトニングで自然な白さを定着させることができる、本格ホワイトニングコースです。デュアルホワイトニングが、最も効果的な一番のホワイトニングシステムで、2つのホワイトニングの良い所を兼ね備えています。

 ご就職・ご結婚・ご入学・ご引越し・海外留学・海外転勤などの機会に、短期間で歯を効果的に白くされ、その後も白さを保つことができるお勧めのコースです。

施術料金

ご案内パック プレゼント

ご案内パック
こんな方におすすめですのイメージ
ホワイトニングをされる方が年々増加して参りました。しかし、ホワイトニングは安易な方法で行うことが出来ない施術で、正しい知識と技術が必要とされます。
ご検討されているみなさま、先ずはご案内パックをご覧になってください。こちらの案内でご検討いただければ、より施術のことがお解りいただけます。

ホワイトニングの資料請求やご質問・ご相談は、こちらのお問い合わせフォームからお申し込み下さい。

 

よくある質問 Q&A

ホワイトニングの薬剤ってどんなものですか?

オフィスホワイトニングには過酸化水素、ホームホワイトニングには過酸化尿素を用います。これらはアメリカ食品医薬品局FDAにより、一般的には毒性がないとされているカテゴリー1の口腔消毒薬(食品の消毒薬)に分類されています。指示されたとおりに用いれば体には無害です。

ホワイトニングで、どれくらい白くなりますか?

白くなるのは人により個人差があります。ホワイトニングで一番効果があるのは加齢や遺伝の影響による歯の黄ばみやくすみです。また歯質のエナメル質厚い方には効果的です。色効果で1段階~8段階明るくなります。青色系や灰色系の歯、またはテトラサイクリン系抗生剤の影響を受けた歯面には、効果が少ないことがあります。事前に、当院の歯科医師やスタッフにお気軽にご相談ください。

どれくらいの期間でホワイトニングの効果が出ますか?

個人差やエナメル質の厚さにもよりますが、オフィスホワイトニング(約60分)では1回~4回で効果が出てきます。
ホームホワイトニング(1日2時間~4時間装着)では、1週間~2週間で効果が現れます。短期間でより良くホワイトニングを効果的にしたい方には、オフィスとホームを組み合わせた、デュアルホワイトニングをお勧めいたします。

どれくらいホワイトニングの効果は持続しますか?

例えでいいますと、髪の毛のブリーチングと同じような感覚でいて下さい。食生活の習慣、嗜好などによって異なりますが、コーヒー、紅茶、お茶、赤ワインをよく飲まれる方、喫煙をされる方は後戻りが比較的早いです。メインテナンスを怠れば1~2年で後戻りいたします。後戻りを感じる場合は、ホームホワイトニングであれば、ブリーチング剤の購入だけで済みますので、お気軽にご相談ください。

どんな人でもホワイトニングはできますか?

歯の神経が生きている場合、ほとんどの方が可能です。ただし、重症の歯肉炎・歯周炎を有する方、健全でない歯を有する方(虫歯のある方)、無カタラーゼ症の方、妊娠中・授乳中の方、小児の方は避けたほうが良いでしょう。また神経を取られている歯には、別の方法となります。事前の診査で上記のことに該当する方はご相談ください。

さし歯などの歯も白くなりますか?

ホワイトニングは天然歯のみに有効ですので治療してある歯(さし歯、詰め物等)の色は変わりません。しかし、ホワイトニングが終わった段階で治療してある歯を交換すれば口腔内の色調を統一することができます。

副作用はないのですか?

ブリーチング剤によって、一時的に歯が知覚過敏(しみてヒリヒリする状態)になる方がおられます。これは、ホワイトニングの薬剤に対する感受性の問題です。一過性のものですし、薬剤を歯に貼付する時間を調整すれば問題ありませんのでご安心ください。また、歯の質に全く影響を与えません。もし、そのような問題が出たときには、とりあえず使用を中止し、歯科医師にご相談ください。。特殊な知覚過敏を抑制する薬剤を使用いたします。
めがねザル先生のちょっといい話
チームブリエ~輝く笑顔~
歯科衛生士★情報発信
QRコード