院長先生のちょっといい話 Blog

接着歯学②!!

奈良県北葛城郡上牧町、広陵町、香芝市  インプラント・矯正歯科・審美歯科・根管治療 かつらぎ歯科医院の院長です。

早くも12月の師走になってしまいました。今年も残りわずか、あっという間の1年です。

先週の土曜、日曜は、浜松で接着(コンポジットレジン修復)の研修会に参加していました。第2回目となると勝手が解ってきて、講師のT先生にも気軽に何でも質問してしまっています。

私が知りたかったことは、東京医科歯科保存科ではあまりポストを形成せず、ファイバーポストも使用しないのはなぜか?大臼歯でのコンポジットレジンの耐久性予後は臨床的にどうなのかという2点でした。

ここではあまりかけないのだが、やはりエビデンスベースでファイバーポストは意味がないというものと、強度に関しては対合歯が重要なキーであることを論文で教えてもらえました。

研修会は第1回目の復習と2級形成(隣接の歯の欠損)のコンジポジット修復です。だんだん私は年寄りの部類になり若手の先生を見ていると元気がいいなあと感心しています。実習も私よりも全然うまいです!!私はというと言われた通りトッフルマイヤーやギャリソン製のマトリックスを何回も出し入れしてるうちにヨレヨレに、そのまま充填すると隣接面が盛りすぎ(オーバーハング)、My goodness!!

小窩の溝が深すぎたり、色々発見することができました。

充填する前、裂溝、咬頭の作り方がキモみたいです。T先生のデモ咬合面観さすがにリアル、でも技工士の方からダメ出しが(笑)、レベルが高い!!

恒例の懇親会はT先生行きつけの良い雰囲気の居酒屋さんで「浜松餃子」、もやしと盛り付け方が特徴みたいです。

 

奈良県北葛城郡上牧町・広陵町・香芝市・河合町・王寺町のかつらぎ歯科医院は、医療を通じて「高いレベルを追い求める」医院です。