歯科衛生士★情報発信 Blog

歯周病のお話

皆さん、こんにちは☆
奈良県北葛城郡上牧町、広陵町、香芝市エリアにあるかつらぎ歯科医院の辻本です。

11月に入り今年もあと2ヶ月で終わろうとしています。

これからの季節、インフルエンザになる人が多くなってきます。

皆さんしっかり手洗い、うがいをして予防してくださいね(^^)/

 

さて、今日は歯周病についてのお話をしたいと思います。

皆さんは歯周病というとどのようなものをイメージしますか?

歯周病は字の通り【歯の周りの病気】で、細菌の感染によって引き起こされる病気です。

 

歯と歯茎の境目のお掃除が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し、歯茎が赤くなったり、腫れたりします。

その状態が進行すると、歯と歯茎の境目の歯周ポケットという部分が深くなり、歯を支える骨が溶け、歯がぐらつきます。

 

歯を失う原因の第一位は、実は虫歯ではなく、歯周病です!

歯周病の原因は、歯垢【プラーク】です。

ブラッシングが十分でなかったり、砂糖を過剰摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつき、粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。

プラークの中には何万個という細菌が存在し、歯周病だけではなく、虫歯の原因にもなります。

プラークは取り除かなければ硬くなって、歯石に変化し、歯の表面に強固に付着します。

 

歯周病を進行させる因子は

1、歯ぎしり、くいしばり、かみしめ

2、不規則な食習慣

3、喫煙

4、ストレス

5、全身疾患【糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常など】

6、薬の長期服用

です。

 

セルフケアとともに、定期的な歯のメンテナンスをすることで歯周病は防げます。

ぜひ、当院でお口の健康を守るために、定期検診を受けてみませんか?

詳しくは当院まで(^^)/

 

かつらぎ歯科医院では、インプラント、矯正、根管治療、ホワイトニングなど、
さまざまな治療を行っておりますので、気になることがありましたら、ぜひお越しください。