精密根管治療 Endodontic

精密根管治療とは?

精密根管治療のメリットは、治療を行うことで歯の痛みを解消し、抜歯をせず本来の歯を残したまま治療を行うことができる点です。また、通常の根管治療においても、この精密根管治療を行うことにより、治療後の再感染、再治療のリスクを格段に減らすことができます。さらに、痛みのない初期の虫歯も発見できるため早期治療や早期予防につなげることが可能になり、安全で確実な治療を行うことができます。

精密根管治療がおすすめの方

  • インプラントをしようかと悩んでいる方、またはインプラントを医師にすすめられた方。
  • 虫歯や歯周病等が進行しており、医師に抜歯をすすめられたが、できれば抜かずに歯を残したいと考えている方。
  • 根っこの治療をしているが、通院回数が多く、何回治療してもなかなか良くならない。
  • 治療したはずの歯が、最近また痛み出して悩んでいる。
  • 原因のわからない痛みがある。
  • 現在通院中の主治医から示された治療法で、重要な選択をしなければならず迷っている方。

精密根管治療の特徴

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を導入

マイクロスコープを使用することで、これまでレントゲンと計測機械を頼りに手探りで行われてきた治療が、目で根管内の細部まで確認しながら精密な歯科治療を行うことができます。

ラバーダムによる治療

ラバーダムとは、薄いゴムのシート状のもので、治療部位以外を覆ってマスクのようにして使用します。治療中に根管内に細菌が進入するのを防ぐために非常に重要で根管治療の際に使用する薬液から粘膜を保護したり、リーマー(根管治療用のドリルの先端の小さい器具)、ファイル(根管の中の物をかきだす器具)の誤飲・誤嚥防止にも役立ちます。 根管治療の成功率(治療後の部位に再発しない率)にも差が出ることがわかっており、使用した場合の初回治療時の成功率は『90%』程度に対し、使用しない場合は『50%』程度と各段に確率が落ちることがわかっています。有効な効果を持っているラバーダムですが、日本ではあまり使用されていないのが現状です。原因としてはラバーダムは保険点数がつかず実質無料ということも大きな要因で、省略する医院が多く、残念ながらラバーダムを使用しても成功率には関係がないという認識の歯科医院があることも現状です。

症例・体験談

症例・体験談一覧をみる

精密根管治療の治療費用

こちらをご確認ください

精密根管治療 Q&A

こちらをご確認ください

無料相談会のご案内

お口の中のお悩みに、院長が丁寧にご説明します。
不安で治療に踏み出せない方、長くお悩みのある方や、ご興味・関心のある方、
もちろん私とゆっくりご相談されたいという通院中の患者様も、ぜひこの相談会をご利用ください。

詳細をみる