チームブリエ ~輝く笑顔~ Blog

冷たいものシミませんか?  上牧町の歯医者さん

皆さんこんにちは!

上牧町、河合町、王寺町エリアにあるかつらぎ歯科医院の田仲です。

 

この度、集中豪雨により被害にあわれた皆様、心よりお見舞い申し上げます。

皆様の安全と1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

さて、7月に入り、気温も高くなってきています。

冷たい飲み物やアイスクリームなどを口にする機会が増えてきたのではないでしょうか🍧

そんなとき「キーーーン!!」、「ズキン!!」と歯がしみる症状はありませんか?

もしかすると知覚過敏かもしれません!

 

知覚過敏の症状としてもっとも大きな特徴なのが、「一時的に歯がしみる」ということです。

程度にもよりますが、虫歯の場合、慢性的な痛みを伴う事が多いのに対し、

知覚過敏の場合は冷たい物を食べたり飲んだりしたときなどに、

一時的に歯がしみるだけで、その痛みは持続しない事が多いのです。

ですので、歯がしみる症状が軽く、その症状が一時的だとしても、

冷たい物を飲食したり、歯に風が当たったときなどに歯がしみれば

知覚過敏の可能性が高いといえるかもしれません。

知覚過敏の直接の原因は「エナメル質が傷つき、削れた結果、象牙質が露出してしまう」ことです。

エナメル質が傷つき、削れる最も大きな原因が「間違ったブラッシング」だとされています。

歯ブラシ(特に硬い歯ブラシ)で”ゴシゴシ”と力任せに歯磨きをした結果、エナメル質が傷つき、削られてしまうのです。

もちろんエナメル質はとても堅いので数回で削れてしまうものではありませんが、

日々の積み重ねによって強固なエナメル質も傷つき、削られてしまう可能性があるのです。


近年、実は「歯ぎしり(噛み合わせが悪い)」が最も大きな原因ではないかともいわれています。

歯ぎしりの原因は「不安・疲れ・ストレス」など色々考えられますが、歯ぎしりは直接、

歯のエナメル質同士をこすり合わせるため、その結果、エナメル質が削れたり割れる大きな原因となるのです。

 

 

 

知覚過敏かな?と思ったら、診察を受ける事が大切です!

知覚過敏はエナメル質が傷つき削れ、象牙質が露出し、象牙質に刺激が加わる事で「歯がしみる」症状へ繋がるため、

露出した象牙質をコーティングする事によって外部からの刺激を遮断し、「歯がしみる」症状を抑える効果が期待できます。

レジン(樹脂)でコーティングし、物理的に象牙質をカバーしていきます。

コーティング材を使用する場合は日常の歯磨き(ブラッシング)によって

必ずコーティング材が擦り減っていってしまうので、数ヶ月ほどで効果がなくなってしまうこともあります。

ただその間に「歯の再石灰化」がうまく進めば、コーティング材が擦り減ってなくなってしまっても

「歯がしみる」症状は出なくなり、結果、知覚過敏が治ることも十分期待できるのです。

また、正しいブラッシングを身に付けることでエナメル質が削られるのを防ぐこともできます。

かつらぎ歯科医院では、おひとりおひとりのお口の状態に合わせたブラッシングをお伝えしていますので

ぜひお気軽にお声掛けくださいね(^▽^)/

 

また、知覚過敏の原因の1つが「歯ぎしり」ですので、歯ぎしりが原因で知覚過敏になっていると思われる場合は当然、歯ぎしりを治さない限り知覚過敏も治りません。

しかし歯ぎしりの原因は「不安・疲れ・ストレス」などさまざまなことが考えられ、それらを解消すること自体、現代社会で生きる人たちにとっては容易ではありません。

そこで歯ぎしりを直接、治す事はできなくても、『ナイトガード(マウスピース)』という歯をカバーする器具を使用し、

歯ぎしりによるエナメル質、歯周組織の破壊を防ぐ治療を行います。オーダーメイドでおつくり致しますので、

歯ぎしりが気になっておられる方はぜひお声掛けくださいませ!!

 

定期的なメンテナンスにお越しいただくことで、知覚過敏の予防・治療を

初期段階で行うことができます。

ぜひ、ご都合の良いお日にちでお問い合わせくださいね☆