歯科衛生士★情報発信 Blog

歯のクリーニングとホワイトニングの違い

皆さん、こんにちは(^^)/
奈良県北葛城郡上牧町、広陵町、香芝市エリアにあるかつらぎ歯科医院の辻本です☆

 

今回は、歯のクリーニングとホワイトニングの違いについて、ご紹介します!

歯のクリーニングとは、主に虫歯や歯周病等の原因となる、

歯の表面についている歯垢や歯石を取り除き、虫歯予防・歯周病予防を行うことです。

超音波の機械を使い、超音波の振動で歯石や歯垢を除去していきます。

歯や歯ぐきの状態によっては、数回にわけて行うこともあります。

歯の表面の汚れが多い場合には、クリーニングをすれば白くなりますが、

あくまで歯の表面の汚れを取る治療なので、歯自体の色は白くなりません。

一方で、ホワイトニングとは、歯そのものを白くします。

歯のホワイトニングは、消毒薬と同じ成分である、過酸化水素水を使って、

歯の着色成分を分解・漂白する、というのが基本的なメカニズムです。

当医院では、2種類のホワイトニングを取り扱っています(^^)/

また、ホワイトニングには、いくつか注意点もあります。

1.白さの効果については、変化の出にくい方、個人差があります。

2.差し歯や、詰め物、神経を抜いた歯はホワイトニングをすることができません。

3.虫歯や知覚過敏がある場合も、ホワイトニングが難しい場合があります。

4.妊娠中の方(胎児への安全性)や授乳中の方、15歳未満の方(歯の成長過程にあるため)はホワイトニングができません。

5.奥歯は白くできません。オフィスホワイトニングの施術では、前歯12本と中奥歯8本の計20本の範囲まで可能です。

 

かつらぎ歯科医院では、一般歯科、インプラント、審美、矯正、口臭治療、精密根管治療など行っております。
ご興味のある方、お悩みのある方はスタッフまでお声掛けください。
皆さまのご来院、ご予約、スタッフ一同お待ちしております。