チームブリエ ~輝く笑顔~ Blog

矯正治療のお話 ー舌癖(舌の癖)ー 五位堂の歯医者

こんにちは!

すっかり冬の寒さになってきましたが、お変わりございませんでしょうか?

今回は”舌癖(ぜつへき)”についてお話します。

 

【舌癖とは】

物を飲み込む時、舌で歯を強く押すと歯並びが悪くなり、はっきりしない発音になります。ひどい場合には顎の骨の形も変えてしまいます。

このような間違った舌の動きを”舌癖”と呼んでいます。

 

【原因】

舌癖の原因は様々ですが、主に次のものがあげられます。

 ①指しゃぶり

 ②生まれつき舌の裏のひもが短い

 ③扁桃腺肥大やアデノイド

 ④遺伝・その他

【舌癖と矯正装置】

舌癖は矯正治療の妨げとなり、治療期間を長くします。

舌癖がなくならないと、治療が終わってからも噛み合わせが不安定になります。

 

【治療方法】

舌を正しく動かすトレーニングを行い。正しい飲み込み方などができるように指導します。

ただし、本人のやる気と毎日の練習が大切です。

ご家族の方々のご協力をお願いします。